足立のやわらか頭治療院・未来・で、腰痛・慢性疲労・不妊症など体の不調の解消を!!

ブログ

ブログ詳細

肋骨の出っ張りの原因は何? 足立区 やわらか頭治療院・未来・  無料モニター募集!ページの最後をチェック


「(肋骨が)やらかくなってる!」
「(肋骨が)ひっこんでる!」

 

01トップ画像

 

「肋骨の出っ張りは生まれつきで変わらないと思ってました!」

 

『肋骨の出っ張り』密かに悩んでいる方が多いようです。

 

02

 

02

 

03

 

  固定観念  

☑ 肋骨は固いもの
☑ 肋骨は張り出してるもの
☑ 肋骨の張りは変わらないもの

 

04

 

  肋骨のホント  

×肋骨は固いもの
 ⇒肋骨はやわらかいもの

×肋骨は張り出してるもの
 ⇒肋骨は滑らかにウエストへ

×肋骨の張りは変わらないもの
 ⇒肋骨の張りは変化するもの

 

こんにちは。やわらか頭治療院・未来・院長の小山です。

 

07

 

ホネはやわらかい!

「(肋骨が)やらかくなってる!」「(肋骨が)ひっこんでる!」「肋骨の出っ張りは生まれつきで変わらないと思ってました!」こんなお声を頂けるのは、ソフト整体でホネはやわらかいと伝えられてきたからです。

肋骨やわらかスムーズに変わる、当院の患者さんでは当たり前の常識です。

この当院の常識をブログに掲載したところ、アクセスが集中しました。

 

肋骨の出っ張り

 ・気にしている方
 ・どうにかしたい方
 ・悩んでる方

とっても多いのがわかりました。
その悩みに答え、肋骨の出っ張りを私が詳しく解説いたします。

 

05

 

  項目一覧

① 肋骨とゆがみについて
② ゆがみがつくるディメリット
③ 簡単 肋骨のゆがみチェック
④ 張り出す原因は何?
⑤ 肋骨矯正のリスク
⑥ 当院の肋骨矯正について
番外 ワンポイントアドバイス

 

肋骨とゆがみについて

 

07

 

みなさんご存じのとおり、肋骨は呼吸で動く胸をかたち作る骨たちです。左右に12本ずつ、合計24本。

動く骨格なので、ストレスや疲れの影響をうけて歪みやすい特徴があります。

とくに横に出っ張り、幅広になってしまう方が多くみられます。

 

ストレスによるゆがみとして

1 よこの幅広 胸がうすいタイプ
2 上にあがって 前に張り出しタイプ
左右にギャップがあるタイプ

この3つのタイプがほとんどです。

 

ストレス

 

生まれつきとして
・前のハリが強い喘息タイプ
・背骨の側彎によるねじれタイプ

男女をくらべると
・男性は下部肋骨がたくましく
・女性は下部肋骨が滑らかで曲線

女性らしさを求めて下部肋骨除去の美容整形があるほどです。

 

ゆがみによるディメリット

 

肋骨のゆがみによって、こんなディメリットが生じています。

☑ 呼吸が浅い
☑ 息苦しい
☑ 胸がつかえる
☑ 肩こり・五十肩

 

美容的には

☑ くびれがなくなる
☑ 幅広の骨格
☑ ずんどうに
☑ やせてもウエストに段差
☑ ゴツゴツした印象

 

簡単 肋骨のゆがみチェック

 

◎ チェック1

肋骨を左右から手のひらで、優しく押してみると(※くれぐれも乱暴に押さない様にご注意)

・硬いですか?
・やわらかいですか?

「やわらかい!」と感じない時はゆがんでいる場合がほとんどです。
肋骨は、張り出す原因がない場合、やわらかくてウエストへのラインが滑らかです。

 

◎ チェック2

深呼吸をしてみましょう

ふか~く 吸って~
長~く はいて~

これが苦しい方は、肋骨が上にあがったゆがみがあります。

 

08

 

張り出す原因は何?

 

何か原因があるから肋骨はゆがみ、張り出します。では、その原因は何でしょうか?
肋骨はもともと大きく動くようにできているため、様々なストレスで、大きくゆがみます。

そのストレスに注目してみましょう。

 

☑ いつも疲れている
☑ ストレスで体調を崩しやすい
☑ 眠れない 眠りが浅い

そんな方は「よこの幅広 胸がうすいタイプ」

疲労が慢性的にたまって、些細なストレスにまで敏感になってしまっています。
肋骨だけでなく、骨盤や背骨など全身の歪みをともなっています。

 

☑ いつも息苦しい
☑ 咳がでると止まらない
☑ 深呼吸ができない

この方は「上にあがって 前に張り出しタイプ」

呼吸をするときに働く、肋間筋や横隔膜、胸や肩甲骨の筋肉が、慢性的に硬くなっています。
息苦しさが抜けず、胸の不快感が続きます。仰向けになると苦しくなる方もいます。

 

☑ 右だけ出っ張っている
☑ 左だけ出っ張っている
☑ 左右でかたさが違う

意外に多い「左右にギャップがあるタイプ」

内臓に疲労がたまって、消化不良やお腹の不快感をともなう事も多いタイプです。
少し解説すると、疲労で内臓がむくむため、なかから肋骨が押し広げられています。

右は、肝臓が疲れてむくんでいる時。
左は、膵臓が疲れてむくんでいる時。

 

肋骨矯正のリスク

 

肋骨のゆがみによる様々なディメリットが、肋骨矯正で改善されるわけですが、知っておくべき気を付けることがあります。

しっかりした知識や、経験を積まずに矯正する施術者が増え、事故件数が増えてしまっています。

肋骨は、確かに骨ですが、とても細く場所によりとても薄くなっています。例えると、割りばしよりやわらかいくらいです。

粗暴な力や、力まかせに矯正すると「ポキッ」っと折れてしまうんです。

肋骨矯正をえらぶ際には、ビフォーアフターの画像だけに注目するのではなく、やり方の説明もしっかりと確認してください。

 

当院の肋骨矯正について

 

『肋骨はやわらかい』新常識を体感してもらい、たくさんの方に喜んでいただいてきました。

リスク管理を徹底し、事故は1件もありません。
そんな当院の肋骨矯正の特徴は

☑ 肋骨をやわらかく扱う
☑ 内臓の働きも整える
☑ 骨盤や骨格を総合的にみる
☑ オーダーメイドで矯正する

あまりにソフトな矯正で、変わる気がしないのに、変化しているから驚きも加わります。

固定概念がガラッとかわる肋骨矯正をこれからも提供し続けていきます。

 

番外 ワンポイントアドバイス

 

肋骨の出っ張りの急性について

お酒を飲むと急性的に出っ張ります。特に右側が。そこに肝臓があるからです。
時間がたてば戻りますのでご安心ください。ただ、戻りにくい方は

☑ 膝が痛い
☑ 肩甲骨の間が痛い
☑ 足の親指が痛い
☑ 外反母趾がある
そんな症状を伴う方が多いです。

左の方は
☑ 消化不良を起こしやすい
☑ 肌が乾燥しやすい方
☑ アトピー体質
の方が多くみられます。

 

身体はたくさんのことを教えてくれます。肋骨の出っ張りだけでもこれだけの情報量です。

プロからのアドバイスは、肋骨のセルフケアがネットにあふれてますが、強くギューギューの方法にはじゅ~ぶんご注意ください。

 

22りょうきん

 

26

 

 

無料モニター募集! 肋骨の出っ張りにお悩みの方へ 肋骨矯正

 

ラインからお問い合わせ

ご予約もOKです☆

 ↓ ↓ ↓

友だち追加

やわらか頭治療院・未来・

住所
〒123-0851
東京都足立区梅田7-34-13
マルマンプルニエコーポ202
アクセス
梅島駅より徒歩2分
TEL 03-6806-4866
営業時間
午前 09:00~12:30
午後 14:00~18:00
定休日 日曜日・月曜日・祝日

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1jzWKto
  • facebook
  • twitter